LINEで送る

最近、私生活が忙しすぎて、なかなか更新できてませんでした。

さて、今日は私の愛車が履いているコンチネンタルのExtreme Contact DWSの耐久性(耐摩耗性)のレビューをしたいと思います。このタイヤについて、評するサイトは徐々に増えてきましたが、耐摩耗性に関するレビューは私の知る限りほとんどないと思いますので、少しマニアックですがお付き合いください。
結論から言いますと、タイヤのゴム質はたしかに柔らかいですが、耐摩耗性能はかなりのもので、心配は不要です。

走行距離約62,000キロでこのタイヤを装着し、約1年1か月が経過した現在約1万5千キロ走行した状態ですが、前後ともに、溝は8割以上残っている状態です。
これまで、サーキット走行は1回のみ。普段は飛ばすことはありますがホイールスピンするような局面はほとんどないような走り方です。

フロントのトレッドの残り具合です。

20160313-224715.jpg

DWSの文字がまだ見えます。

20160313-223804.jpg

『Dry』『Wet』 『Snow』のそれぞれの頭文字ですが、この文字は、Snow、Wet、Dryの順に時間差で消えるインジケーターになっており、視覚的にタイヤの状態がわかるように工夫されているとのことです。
インジケーターが消えたらその性能は期待できない状態を意味するとのことです。
まだまだ消えなそうで一安心。たしかに、2月に降雪があった際も、まだまだ安心して乗れましたよ。

続いてリアのトレッドです。

20160313-223904.jpg

DWSの文字も確認できます

20160313-223942.jpg

BMW 545iは、333馬力という高出力の後輪駆動ですが、まだまだトレッドは十分にあります。タイヤのゴム質はかなり柔らかいので、正直、もうちょっと減っているだろうと思っていましたが、拍子抜けするぐらい残ってましたよ。

また、前のタイヤ(NANKANG)の時に見られた、内側だけが異常に磨耗する片減りは見られなかったので一安心です。

1万5千キロも走行してこの耐摩擦性はかなり優秀ですよ。まだまだいけそうです!
ご参考になれば幸いです。

★ガレージエブリンさんのBMWコンプリートカーが気になる方はコチラ !!
★ノーマルのBMWの在庫のお問い合わせはコチラ !!

ランキングに参加しています。

皆様のポチッが更新の励みになります。 1日1回、コチラをクリックして頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

もう一つのブログ、http://bmwmania.jugem.jp もよろしくお願い致します!

LINEで送る