LINEで送る

愛車(F10 523d)に3ヶ月、約6000kmを乗ったレビューを書きたいと思います。
ネット上では、意外にも523dに関するレビューが少ないので、少しでもお役に立てばと思います。

1. 価格について

私の愛車の車体価格は税抜き 398万円でした。
登録が2015年9月末でしたので、たった1年4か月落ち。走行はわずか7,400kmでならし運転が終わったぐらい、ディーラー保証もまだ1年8ヶ月近く残っている(新車保証が3年間なので継承すると)、という、ほぼ新車といってもいい状態の極上車でした。
ところが、新車価格はMスポーツということもあり、702万円。如何に新車で買うのがもったいないか、という点がポイントです。
この価格は、相場から見てそれ自体かなり競争力のある価格なのですが、まったくのノーマルではなく、今回は、20インチのホイールが最初からついている状態でしたので、かなりお得感がありました。もちろん、事故歴もありませんし、禁煙車、ワンオーナーです。
それ以外に、納車整備の段階で、エンジンオイル、クーラント、ファンベルト、バッテリー、エアフィルター、ワイパーブレード等、消耗品を総取っ替えして頂き、本当に新車同然でした。

2. 動力性能について

刺激はありませんが、普通に速いです。
超速いということはないですが、特に不満はありません。
ディーゼルエンジンの特性で、低回転時からかなり太いトルクが発生するので、そんなに回転を上げなくても、8速ATが良い仕事をして、いつの間にか車速が上がっていくイメージです。表現が難しいのですが、一般道を普通の速度で走行する限り、アクセルにほんのちょこんと足を乗せているだけの感じです。一旦スピードに乗ったら、ほぼ2千回転以下で事足りますので、エンジンが唸る局面がないためとても静かで、結果、「あれ?この車ってディーゼルだったっけ?」とさえ思う瞬間があります。これは素直にすごいと思います。
乗り継ぐ前は、E60の545iに乗っており、V8のかなりスムーズに吹け上がるエンジンでしたので、加速時には、かなり回転数を上げて、それなりの咆哮を発していたので、ものすごく対照的です(笑)
ただ、BMWは、刺激的なエンジン音を発するものだ、という固定概念が強い方や、そうゆう刺激を求めている方には正直向かないと思います。

3. パワーについて

1800kgに迫る巨体に2リットルのエンジンと聞くと、誰もがパワー不足だろうと思います。
ただ、これも全く不足ありまん。333PSを誇るE60 545iに乗っていた私でさえも、まったく不満ありませんので、よほどのハイパフォーマンスカーに乗ってみえない方にとっては、パワー不足だと思うことはないと思います。
これはガソリンエンジンの4Lクラスのトルクを、2千回転以下で発生するこの車のディーゼルエンジンの特性のお陰だと思います。(最大トルクだけで見ると、45.9kg・mを発揮する545iと比べて、523dは38.7kg・mなので、7kg・mぐらい低いわけですが、最大トルクを発するのに、545iは3600回転まで回さないといけないのに対し、523dは、1750回転から最大トルクが発揮される、というのが理論的裏付けです。要は、そんなにエンジンを回さなくても、おいしい領域が使えるので、パワー不足を感じにい、ということです)
大きな、重たい車を運転しているという感覚が不思議とないんです。それぐらい軽やかなんです。
確かに、0-100km加速は、データ上は8秒近くかかるようなので大したことがないのですが、80km/hぐらいから先の加速は何の不満もありません。
この前、高速の合流時に、追い越し車線を160km/hぐらいで攻めているAudi A6を見ましたが、十分ついていけました。直ぐに止めましたが。

4. 燃費について

これはすごいの一言。
カタログ値は16.6km/Lという数値であり、その数値はまだ出たことはありませんが、一般道中心で、だいたい13km/L~14km/Lぐらいです。かなり燃費はいいです。遠出も気にならなくなりました。以前の車が5~6km/Lぐらいしか走らない545iでしたので、その差がすごいです。感覚的にも、なかなか燃料系の針が動かないので、いつもにやにやしています。加えて、523dは軽油なので、ハイオクと比べると1リッターあたり、35円ぐらい違いますので、545iの時と比べると、燃料代はおよそ4分の1ぐらいに圧縮できました(笑)
この車を選んだポイントの一つに、維持費の安さがありますので、狙ったとおりで大満足です。コストコの超安い軽油を満タンに入れたら5千円ちょいでしたよ。

5. ハンドリングについて

これは、まさにBMWのそれです。
一発で鼻先がくっと入りますし、思い通りにトレースできて、オンザレール感覚です。
高速道路の出口など、結構な車速でカーブに進入しても、ほとんどロールがなく、運転が超楽しいです。
ロールがほとんどないので、後部座席の双子ちゃんにも優しいです。
BMWの駆け抜けるよろこび、そもものを体現していると言えます。

6. 脚周りについて

これは車高も含めてパーフェクトです。何の不満もありません。
私の愛車はMスポーツなので、Mスポーツではないグレードと比べると硬めだと言われているのですが、結果、Mスポーツにしてよかったです。
私の愛車の場合、20インチのホイールを履いていてタイヤも扁平なので、Mスポーツの脚と相まって、相当硬くなるのではないかとちょっと心配していましたが、非常にしなやかに動きますし、コーナーも踏ん張れるので、乗り心地はすこぶるいいです。うちのワイフも大満足でした。
多分、これには、このブログでも何度かご紹介しているタイヤである、Continental のExtreme Contact DWSによる部分も大きいと私は踏んでいます。
脚が硬めであることを見越して、納車時からエブリンさんに指定しておいて大正解でした。
F10のノーマルの脚は、BMWにしては柔らかいと感じるユーザーも多いようで、後からビルシュタインなどを入れるといこともよく聞くので、Mスポーツという選択も正解でした。

7. ディーゼルの音について

これは、気になる人は気になると思います。特に、BMW はエンジン音命!という方には受け入れられないと思います。
私はもう慣れましたが。

まず、アイドリング音は、自分が車の外に居たり、乗っていても窓が開いている際は、かなり音は大きめです。メルセデスのディーゼルモデルより明らかに音が大きいです。マツダのCX-5なんて、もっと音は小さいです。

加速する際は、遮音対策がされているとはいえ、停止時から時速40km/hぐらいまでは、それなりの音が社内に届きますが、それから先はなかなか静かで、4気筒の直噴ガソリンエンジンなんかよりはよっぽど静かです。高速道路では一旦流れに乗れば、以降の高速巡航は本当に静かです。加速レーンで一気に加速して合流する際は、音もなくスピードに乗るので不思議な感覚です。この静かさが物足りないと逆に感じる方も居ると思います。ディーゼルって難しいですね。

ちなみに、この前、車に詳しくない義理の妹を乗せた際、ディーゼルだとは思わなかったとのことでした。

★ガレージエブリンさんのBMWコンプリートカーが気になる方はコチラ !!
★ノーマルのBMWの在庫のお問い合わせはコチラ !!

ランキングに参加しています。

皆様のポチッが更新の励みになります。 1日1回、コチラをクリックして頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ

もう一つのブログ、http://bmwmania.jugem.jp もよろしくお願い致します!

LINEで送る